かわぐち視力回復システム フリーダイヤル 0120-12-2510
視力低下に気づいたら・・・
トレーニング 体験談 Q&A 近視とは? 料金について アクセス
Q&A(ご質問と回答) ホームに戻る
Q 01 : 遺伝だから治らないと言われましたが本当でしょうか?
A 01 : 遺伝による近視は全体の5%未満といわれており特殊な例と言えます。多くの場合は生活環境(パソコン・TVゲーム・マンガ・読書・その他近業による目の酷使)による後天的なものがほとんどです。
Q 02 : メガネをかけたりはずしたりすると一般的に近視がすすむといわれますが本当なのでしょうか?
A 02 : むしろ反対です。近視は遠方が見えないわけですから見えない時だけ使用すれば良いのです。なぜなら強度近視以外は近視といえども近くの活字等を見る近方視力は十分備えているからです。ですから自分の視力で見える範囲はかける必要はありません。近業事にメガネを使用すると水晶体への負担は更に増し進行を早める結果となります。
Q 03 : 毎日通わないといけないのですか?
A 03 : 毎日通う必要はありませんが最低週に1度はセンターにてトレーニング指導をうけて下さい。 但し最初の期間は回復にあたって大切な時期ですので一生懸命取り組んで下さい。 もちろん毎日通ってもかまいません。遠方であまり通えない方は来所時にご相談下さい。(通信制)
Q 04 : このトレーニングは何才位まで有効ですか?
A 04 : 3才児から45才位までの人が対象となります。0.3以上の軽度近視の人、特に近視歴の短い人は年令に関係なく回復しています。但し成長期を過ぎ近視歴も長い強度の乱視の人は望めません。
Q 05 : トレーニングを終了したら再低下することはないのでしょうか?
A 05 : 一般的に正視(1.2〜1.5)で安定した視力はトレーニング終了によって再低下することはありませんが、その後の日常生活への配慮は必要です。定期測定(3ヶ月に1度)は継続チェックしていきます。
そのほか、ご質問等ございましたら、お電話にてお問い合わせください。


フリーダイヤル 0120-12-2510
ページ上部へ
Copyright(C) 2004 Kawaguchi eyesight rehabilitation system. All Rights Reserved.